DESD(D-EXPERIENCE SAFETY DAYS)とは?

Body

D-EXPERIENCE SAFETY DAYS(以下DESD)とは、ダイネーゼジャパンが主催する、安全にライディングスキルを確認、上達させるのに見逃せない走行会イベントです。ご自身のライディングスキルに合わせて、クラスをお選びいただけるので、初心者から上級者までお楽しみいただけます。

CONCEPT|コンセプト

1972年にイタリアで生まれたダイネーゼは、 創業以来、事故を未然に防ぐ「予防安全(アクティブセーフティ)」と、万一、事故が起きてもライダーの被害を最小限に抑える「衝突安全(パッシブセーフティ)」の2つの観点から、よりトータルバランスの優れた安全性の高い商品を研究し、多くのライダーに提供をし続けてきました。

昨今、急増しているリターンライダーを始め、多くのライダーに、「もっと安全に、楽しいバイクライフを提供したい」という思いから、ダイネーゼジャパンではDESDを2015年よりスタートさせました。

【ライディングスクール】+【サーキット走行会】を軸とし、インストラクター指導のもと、安全に速く、もっと上手に走れるようなTIPSを皆さんに提供し、それを体感していただくことが、DESDを通しての我々のミッションです。

充実したプログラム内容

ライディングスクールでは、インストラクターが実際に指導する【スクール走行】と、サーキットの走り方や普段なかなか出来ない質問を投げかける【座学】に分かれて、プログラムを進めていきます。

サーキット走行会では、ビギナーから経験者までが安心して走れるよう、クラス別に走行枠を設けております。
ビギナークラスには、インストラクターが先導に付く為、ライン取りやブレーキングポイントなど、安全に走るための基礎を学ぶことができます。
サーキット走行の合間には、インストラクターが直々にライディングテクニックを教わることも出来ます。

DESDには、同じ志を持った多くの仲間が参加するので、参加者同士の交流も歓迎しています。

Photo